着物のことなら芳裳苑

HOME

芳裳苑からのお知らせ

ツートン青木のなんちゃって結婚披露宴!!

代表あいさつ

着物には四季折々の花が描かれています。これは、自分の愛する人、友人、家族など周りの人たちが一年中幸せに暮らすようにとの願いを込めて、1枚の着物に1年中の花を描いたと言われています。
着物を着ることこそ、周りの人たちの幸せを願う「利他の心」の表れなのです。
披露宴のようなお祝いの席には、ぜひ、着物を着てください。
着物を着ることで、周りの方々に喜ばれます。
周りにいる人々が幸せな気持ちになります。
着物を着て披露宴に参加することが新郎新婦への最高のお祝いになることでしょう。

「利他の心」こそが、日本人の心、日本の文化です。

花が文明なら、根は文化です。
しっかりとした根がなければ、美しい花は長くは咲きません。

本当に日本の文化を伝えたくてこの企画を実施をすることにしました。
日本の文化を伝えていくために、微力ながら「着物」をプレゼントさせていただきます。着物をもらって、披露宴を楽しんで、着物の素晴らしさを実感してください。

芳裳苑グループ特別企画 手描き京友禅 振袖の帯・訪問着プレゼント
芳裳苑 創業55周年記念キャンペーン
2019 KIMONO FASHION FESTIVAL in 二条城
Japan Intelligence